So-net無料ブログ作成
検索選択

2017年1月より公務員も加入が可能となった確定拠出年金(iDeCo)の運営管理会社はどこにすべきか??の件 [投資]



毎日毎日寒いですね~

暖房はエアコンを使っているのですが

LDKが25畳ほどあり、さらに天井を高くしているせいか

なかなか部屋が温まらないことに困っているアラフォーです笑

電気代を上げないで温かく過ごせる方法あったら教えてください。

Sponsored Link




そんな中

2017年1月からついに確定拠出年金が、公務員や主婦、企業年金のある会社員などにも拡大されるのです。 ※拠出限度額は、月々12,000円(年額14.4万円)

確定拠出年金(iDeCo)とは!?


・確定拠出年金とは、老後の資産形成を目的として、公的年金(国民年金と厚生年金保険)に上乗せして給付を受ける私的年金のひとつ

・これまで確定拠出年金の加入者は自営業者や企業年金制度のない会社員等に限られていたが、法の改正に伴い、2017年1月から公務員や専業主婦(夫)の方なども個人型DCへ加入することが可能

確定拠出年金のメリットは?


・全額が所得控除(所得がある場合に限る)

(例)課税所得500万円の人(税率30.42%と想定)が確定拠出年金に加入した場合、自営業の人が月額68,000円を拠出すれば24.8万円、企業年金のない会社員の人が23,000円を拠出すれば8.3万円、公務員の方が12,000円を拠出すれば4.3万円の税制メリット

 これはすごいですよね。例えば公務員の人が積み立てる14.4万円のうち4.3万円が戻ってくるのでチョーお得!!

・運用益が非課税
 給付を受けるまで複利で運用するため、期間が長いほど大きなメリットになりますよ!

確定拠出年金をはじめるには?


・確定拠出年金に加入する際は、運営管理機関経由で加入手続きをする必要があります しかし、運営管理機関毎に運用商品や手数料が異なるため、この運営管理機関選びは重要になります!!

結局、運営管理機関はどこを選ぶべき!?


結局はどこがいいのか!?といいますと、2017年から対象可能となる公務員などの拠出限度額が、月々12,000円(年額14.4万円)になる人は、楽天証券・SBI証券の2択でいいと思います!!

楽天証券とSBI証券の比較

自分はせっかちなので要点のみを簡単に書きます笑
・楽天証券のほうが、口座手数料が安い ・SBI証券のほうが、商品ラインナップが豊富
月々のランニングコストが、安く済むのが好きな方は楽天証券を いろいろな商品を吟味したい方はSBI証券を選べばいいかと思います。

個人的には、拠出限度額が月々12,000円であれば楽天証券のほうがメリットが大きい気がします。 長期投資はランニングコストをどれだけ落とせるかが味噌ですからね~ 12,000円ではあまり商品を選べないしね笑

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

Sponsored link


無料の資産管理、家計簿ツール、マネーフォワード

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © アラフォーがもっとお金を貯めるためにしたいこと All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。