So-net無料ブログ作成
検索選択

横浜市のマンション傾斜問題で考える、まだ立っていない新築マンションを買う怖さ [家のこと]



今日からまた,お仕事が始まりましたね。。

楽しい楽しいお仕事が(笑)

いやいや,仕事をするよりも,気持ちだけでも楽しくやることにしました!

ところで、最近、横浜のマンションが傾いているというニースが話題になっていますね。


Sponsored Link




販売が三井不動産レジデンシャル、施工が三井住友建設という有名ブランドのマンションでデータ改ざんなどが行われていたようですね。

非常に怖い話ですよね。自分は、これは殺人罪に近い話ではないかと思います。もし倒壊すれば間違いなく死者が出る話ですから、ハイ!

実際に問題となった、くい打ち施工を行ったのが孫請けの旭化成建材でしたが、マンションの3棟で38本のくいの強度データを改竄し、また、重複する13本を含む45本でセメント量のデータ改竄をおこなっていたとのこと。

非常に怖いですね!!

自分は,非常に小心者なので、マンションみたいな一生ものは現物を見ないと怖くて買えません。

それでも新築の場合は、建物が立っていない状況で契約をしなければなりません!

マンションみたいな何千万円もするものを,ものがいない状態で購入するってことは、これってすごーく販売会社等を信用していないとできないですよね。正直そこまで人や会社を信用できない人間です,自分は(笑)
自分は、以前も記事に書いたとおり、中古マンションを購入しました。

中古マンションを購入するメリットの一つは、建物をそのものを見て購入できるという点です。

だからと言ってもちろん耐震偽装などがすべてわかるかどうかはわかりませんが、その建物が傾いたりとか、ひび割れとかそういった外見上との問題は、購入する際にちゃんとチェックできるのは自分にとっては非常に安心でした。

以前の姉歯事件では、いわゆる安いマンションでの偽装でありました。

今回は、財閥系の有名ブランドマンションでの問題ということで、改めて新築マンションを購入する怖さを知りました!!

購入者は、どうやっても建物が立つ前には調べられませんから。。新築マンションに偽装があるかどうかは、関係者以外誰にも調べようがないのです。

旭化成建材が施工にかかわったマンションは約3000棟あり、今後親会社の旭化成が偽装がないか調べるとのことだが、どうなることでしょう!?

Sponsored link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
Copyright © アラフォーがもっとお金を貯めるためにしたいこと All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。