So-net無料ブログ作成
検索選択

お得な中古マンションの見分け方、大公開その2! [家のこと]



以前、中古マンションの見分け方についての記事を書きましたが、

大分時間が経ってしまいましたが、その続きを今日はお話したいと思います。

決して、今まで忘れていたわけではないですからね[あせあせ(飛び散る汗)]

Sponsored Link



中古マンションをどのような観点で見つけたのか!

自分は、次の6点に注意して物件を探しました!

○新耐震基準を満たしているか?
1981年から新耐震基準という建築基準ができた関係で、1981年を境に旧耐震と新耐震という2つの基準の建物があることになります。
基本的には、少し幅を見て1983年以降に建てられた新耐震基準を満たしたマンションのほうが無難です。 
阪神淡路大震災や東日本大震災でも新耐震基準を満たした建物が倒壊したという事実はないようです。
ただ、1981年以前の建物であっても、耐震補強を行っている可能性もあるため、1981年以前に建てられたマンションで気に入ったものがあれば、その点を確認した方がいいでしょう!

○マンション管理の状況はどうか。
これは当たり前かもしれませんが^^;
中古マンションの場合は新築と違い、すでに建物がすでに建っているので、リサーチできますので昼間の人の出入りや夜の様子なども見ることも可能です。
タイヤに空気が入っていないような、使ってなさそうな自転車が大量に放置されているような管理状況の悪いマンションは、避けたほうが無難です。

○管理費、修繕積立金に多額の滞納がないか。
これは非常に重要ですので、必ず文書での回答を貰うようにしたほうが、安心です!!

○マンションの構造を確かめる!!
マンションには「ラーメン構造」「壁式構造」の2種類の構造があります。
リノベーションなどで、例えば壁を取っ払って、広いLDKにしたいなどの希望がある場合は、建物を梁と柱で支えるラーメン構造を選んだほうがいいです。
一方で、「壁式構造」は文字どおり建物を壁で支える構造になっていますので、撤去できない壁がありますので注意が必要です。しかし、「壁式構造」は、梁や柱がないため、家具の配置などがしやすかったり、頑丈であるなどのメリットもあるため、それぞれのライフスタイルに合わせて選択しましょう!!

○いい物件が見つかったら、速攻で不動産業者に連絡しよう!
特に人気のエリアは、本当にすぐに契約が決まってしまうようです。東京圏の場合は、ちょっとでも気になったらとりあえず、連絡する、これが基本です!!
連絡して物件を内覧するのは当たり前ですが、タダです!気に入らなかったら、契約しなければいいだけなのでね。

以上、自分がマンションを選ぶときに考慮したことをつらつら書いてみました!

もしかしたら、忘れているポイントもあるかも知れませんので、思い出したらまた書いてみたいと思います。

Sponsored link



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © アラフォーがもっとお金を貯めるためにしたいこと All Rights Reserved.

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。